炭火アイロンや毛糸伸ばし、使い方わかる?昔の生活紹介展

 昭和30年代の生活を小学生に分かりやすく紹介する「昔のくらし展」が、大津市御陵町の市歴史博物館で開かれている。炭火を熱源にしたアイロンや氷冷蔵庫などの生活道具を展示し、電気製品が普及する前の暮らしの一端を伝えている。

 市歴史博物館と成安造形大が主催した。蚊帳や石油ランプ、おひつ、壁掛け電話機、井戸枠、ぞうり、ちゃぶ台など約50点が並ぶ。一見しただけでは使い方が分からないものでは、毛糸を蒸して伸ばすための器具。T字形で、ヤカンの口に取り付け、ちぢれた毛糸を湯気の力で伸ばしたという。

 成安造形大の学生は、断熱材で作った実物大のかまどや、巨大なわらじが編めるといった五つの遊びコーナーを考案。六つの質問に答えると、缶バッジがもらえるクイズも用意した。

 福庭万里子学芸員は「小学3年の冬にはカリキュラムで『昔の暮らし調べ』がある。遊んで学べるように趣向を凝らしてある」と話す。

 入場無料。18日まで。8、15日の午前10時と午後1時には体験イベントもある。

“炭火アイロンや毛糸伸ばし、使い方わかる?昔の生活紹介展” の続きを読む

ファーストキャビン、キャビンスタイルホテル「ファーストキャビン京都二条城」開業

 ファーストキャビンは、飛行機のファーストクラスをイメージしたキャビンスタイルホテル「ファーストキャビン京都二条城」(京都市中京区東堀川通丸太町下ル7-4)を8月8日にオープンした。【この記事に関する別の画像を見る】 同ホテルは、二条城の北大手門から徒歩5分の場所に位置する。館内には宿泊者専用ラウンジのほか、中庭に面した温泉効能のある半露天風呂を併設。シェアサイクルサービス(PiPPA)で自転車観光を楽しむこともできる。

 インテリアには和紙や格子などを使用する。全144キャビンで、ファーストクラス26キャビン(男性20キャビン、女性6キャビン)、ビジネスクラスキャビン83キャビン(男性53キャビン、女性30キャビン)、プレミアムエコノミークラスキャビン32キャビン(男性16キャビン、女性16キャビン)、プレミアムクラス3室で構成する。宿泊料金は3000円~、ショートステイ料金は900円/1時間~となっている。

 また、施設内にはリバーサイドカフェとして「アライズコーヒー」が京都初出店。コーヒーのほか、サンドイッチやチーズケーキなども楽しめる。

“ファーストキャビン、キャビンスタイルホテル「ファーストキャビン京都二条城」開業” の続きを読む

早食いを防止でダイエットにも! 咀嚼アクションゲーム

おいしいものを食べるとき、もしくは仕事中などの片手間にごはんを食べるとき。良くないとわかっていても、ついつい早食いしてしまうことはあるだろう。習慣になってしまっている早食いを直すのはなかなか大変なことだ。そんな人に一度試してほしいのが、こちらのゲーム!

まずはこの眼鏡をかける。頬骨のあたりの電極でかむ動きを信号にし、スマホへと送るそう。

そして画面に現れたのはかわいらしい恐竜。

噛むタイミングに合わせて恐竜がカミカミしながら町を進んでいき、東京タワーを食べてしまった。さらに進むと、国会議事堂も現れる。

しかし、ひとつ大事なルールがある。

警告音とともに「噛むスピードが速すぎます」という表示が。実はこのゲームは「咀嚼のペースが速い」ということを意識づけるのが目的。このゲームにチャレンジした北村まあさキャスターは、1本に3個のつくねがついている焼き鳥串を食べるのに300回噛んで、かなり顎が疲れたそう。

開発したKDDI総合研究所の若松大作さんによれば、元々は噛むゲームではなく、別のゲームを作ろうとしていたという。「筋電センサーで笑顔のデータを取ることにチャレンジしたのですが、笑顔だけでは足りないと思い、研究を続けていく間に、咀嚼もこの形のデバイスで検出できるとわかったんです」と若松さん。「笑顔よりも噛むほうが面白い」ということで、これまでになかった咀嚼アクションゲームに方向転換したそう。

今後は「食育や認知症予防など、新しい健康維持管理のアプリケーションを開発していきたい」と若松さんは話す。

恐竜が町を歩き、観光名所を食べていくこのゲーム。現在、日本地図の関東のみ完成しており、鎌倉の大仏やさいたまスーパーアリーナも登場するという。観光名所を見ながら楽しくゲームをするだけで早食い防止につながるので、早食いが気になっている方は一度試してみてはいかがだろうか。

【商品名】

カミカミ大行進

【商品の特徴】

かむ動きを画面の恐竜に同期させ、ゲームを楽しみながら時間をかけてよくかむ習慣をつける

【企業名】

KDDI総合研究所

【住所】

埼玉県ふじみ野市

【価格】

未定

【発売日】

未定

※「ワールドビジネスサテライト」”トレたま”より

“早食いを防止でダイエットにも! 咀嚼アクションゲーム” の続きを読む

京アニ作品のポスター展 京都文化博物館

京都市中京区の京都文化博物館で、放火殺人事件が起きたアニメ制作会社「京都アニメーション」の作品ポスターを集めた展示会が開かれている。博物館の主任学芸員森脇清隆さん(57)は「京アニの素晴らしさを多くの人に知ってほしい」と話している。閲覧は無料。8月末まで続け、9月以降は未定という。

本館3階の通路と別館1階の入り口付近に、高校吹奏楽部員を題材とする「響け!ユーフォニアム」や餅店の娘が主人公の「たまこまーけっと」などのポスター計15枚を展示。8日、訪れた人が一枚一枚写真を撮ったり、近づいて神妙な面持ちで眺めたりしていた。

“京アニ作品のポスター展 京都文化博物館” の続きを読む